ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

夏の預かり「サマースクール」を始めました。

 授業のある放課後については、預かり制度を2009年度から始めていましたが、長期休業中については、他の預かり施設を紹介することで対応してきました。毎年、保護者の皆様から強い要望が出されていましたので、この夏から新たに「夏休みの預かり制度」を開設することになりました。
 今年度は、お盆の学内閉鎖期間を挟んで、7月30日からの前期と8月19日からの後期の2期に分けて設定しました。規則正しい生活を維持できるように、学習や遊び、読書の時間など午前・午後で基本的なプログラムを決めて過ごします。
 

 みんなでせっかく過ごすので、前期・後期のどちらにも、外部から講師をお招きして特別プログラムを用意しました。
 前期には、カレー作り、工作、読み聞かせ、後期には、オペラ、科学実験、ブリザーブドフラワー、エコクッキングと多彩な活動を計画してみました。
 夏休み中も、子どもたちの元気な声が毎日聞こえています。

2019年8月22日

月で表示