ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

人権・いのちの授業

 本校では、特に秋に人権学習への取り組みを重点的に行っています。
 近年は、「CAP岡山」の山下明美先生をお迎えして、4・5・6年生がそれぞれ授業を受けています。
 4年生では「たった一人の大切なわたし」というテーマで、命の貴重さや多様性について理解を深める話をしていただいています。男女の性差、いろいろな性、性器の仕組みや出産のメカニズムなどを明るく対話しながら学んでいくことができました。
 5年生では「自分らしく生きる」ことについて学びを深めていきました。「みんなちがってみんないい」という言葉はよく聞きますが、それぞれの持っている気持ちがすべて大切なんだということをあらためて感じたようでした。
 6年生では、安心できる関係について考えてみました。「誰といると安心?」「どこにいると安心?」という問いをもとに、自分らしさ、そして自分を大切にしていくことについて真剣に考えていきました。
 あらためて人も自分も大切にしていく意味を感じる時間となりました。

2021年9月30日

月で表示