ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

夏休みサポート講座

 今年も、夏休みサポート講座を開講しました。
 今回は、「意見文・感想文の書き方」と「特別学習(進学指導)」の2講座です。
 
 「意見文・感想文の書き方」講座の方は、山陽新聞の記者さんたちを講師に迎え、新聞の中から気に入った記事を選び、意見や感想を書いていく学習に取り組みました。
 初日は低学年の部でした。1年生に「新聞を読むことがあるの?」と尋ねると、「お父さんだけ」という返事が返ってきましたが、子ども新聞を題材に入門期の子供たちにも取り組みやすいように工夫をしてくださっていました。
 2日目は中学年、3日目は高学年を対象にしました。
 学年のレベルにあったワークシートをもとに学習が進んでいきました。
 高学年では、文章を引用の仕方なども教えていただきました。20人あまりの児童に、講師の記者さんを含め、3人の先生が個別に指導にあたることになりました。
 山陽新聞の皆様には、3日間大変お世話になりました。
 

 5・6年生対象の特別学習は、以前からおこなっている取り組みです。通常の授業では取り組まない受験問題にチャレンジしていくことで、しんがくりょく(進学力・新学力・真学力)を身につけていこうとしています。
 午前中は特別学習に参加、お弁当をいっしょに食べて、午後からは保護者会主催のプール教室で体力づくりという充実したスケジュールで3日間を過ごした児童も多かったようです。

2018年7月24日

月で表示