ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

国際クラスの様子

 今年度の新1年生から、国際コースのクラスができています。「クラス国際」という呼び名にしています。もう一つのクラスは、「クラス清心」と呼んでいます。それぞれのニーズに合った英語の授業やその他の取り組みを行っています。
 「クラス国際」では、ネイティブの先生と日本人先生がペアで担任をしていますので、朝の会も日本語と英語で行います。月日や曜日、天気の言い方などは英語で、一人一人の健康観察は日本語で行っていました。
 続いて始まった1時間目は、すべて英語で行われる算数の授業。絵にある物と対応させながらブロックを操作し、5までの数の言い方を勉強しました。
 算数の時間の先生の指示は全部英語、でも、使っている教科書は日本語。2時間目は、すべて日本語の宗教の時間。国際クラスでは、全授業の3割弱が英語で行われ、朝の会などの日常生活の中でも、英語を使う場面があります。
 日本語の入門期でもあることを考慮しながら英語力を身に付けていくためにはバランスも大切です。今のところ、子どもたちは自然にスイッチして対応しているように感じています。

2021年4月27日

月で表示