ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

クリスマスカードによって!

 始業式の校長先生のお話や宗教通信によって関係者の皆様には既にお知らせしていますが、医療従事者である日本医師会に送ったクリスマスカードについての話が医師会の広報誌に取り上げられているそうです。
 「小学生からコロナ対応への感謝のクリスマスカードが届く」という題の記事は、次のサイトで見ることができます。
  日本医師会https://www.med.or.jp/nichiionline/article/010410.html

 記事には、次のように書かれていました。
「クリスマスを前にした12月22日、岡山県にあるノートルダム清心女子大学附属小学校の5年生の男の子から、新型コロナウイルス感染症対応を行う医療従事者への感謝の思いをつづったクリスマスカードが日本医師会に届いた。」
 5年生の送ったカードには、「世界的に感染が広がっている中、今、学校に通うことができていること、そして、最近では明るいニュースも少しずつ増えてきていることは、コロナと最前線で戦っている医療従事者のおかげである」と書いてあったと伝えています。
 「新型コロナへの対応に日々従事している医療従事者にとって、このカードは大きな励みにもなると思う。」と中川会長さんが、言われたことも掲載されています。
 こうして取り上げられたものだけに限らず、子どもたち一人ひとりが心を込めて描いたカードによって、多くの方たちに温かい気持ちを届けられたのであれば大変うれしいことです。

2022年1月12日

月で表示