ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

修学旅行 6年生

 修学旅行に出発しました。
 今日から12日までの3泊4日の旅です。
 この写真は、列車の前後2つの入り口から分かれて入って自分の席にスムーズに座れるように順番を考えてホームで待っているところです。
 これまでの先輩たちから受け継いだ旅の知恵を活かして4日間を過ごします。
 1日目は木曽路を旅します。グループの自由行動で妻籠宿の昔の町並みを見学しました。

 1日目の宿舎での様子です。到着式でごあいさつをした後は、食事、入浴、反省会と結構あわただしい時間を過ごしています。
 楽しかった1日目を振り返っているところです。
 ガイドさんの話が始まると静かに聞こうとしている姿やグループのみんなを気遣いながら行動しているところが見えてうれしく思いました。

 2日目の朝。快晴に感謝!
 朝食の前に、昨日の反省をもとに今日のめあてを決めました。
 今日は松本市内で活動が始まりました。松本城、旧開智学校を見学しました。松本城の中で以前には見かけなかった警備員の姿をよく見かけました。最近落書きが増えたせいだということが分かり残念に感じました。
 続いて黒部ダムに向かいました。紅葉が少しずつ始まっていました。山深いこんなところによくこれだけのものを造り上げたものだと感心します。名物のトロリーバスの運行が今年で終了され、電気バスに代わるようです。
 本日最後の観光地・善光寺では少し雨にあいましたが、予定通り戒壇巡りも体験しました。
 旅の集団行動に慣れてきたころですが、疲れ気味の人もいるので、休養を上手にとっていくも必要なようです。

 今日は10月11日、修学旅行3日目の朝です。
 菅平高原の朝は少し寒いですが、晴れています。予定通りバームクーヘン作りもできました。今年は屋根ができていて、雨でも活動できるように改善されていました。
 続いて軽井沢に移動し、聖パウロ教会で祈りをささげました。神父様からは、日常生活の慌ただしい中で、祈りの時間を持つことの意味をうかがい、一人一人祝福していただきました。
 3日目の最後の見学は、鬼押し出し園です。ここで少し雨にあいましたが、何とかみんなで自然の作り出した風景を見て回ることができました。
 最後の夜は志賀高原で宿泊します。

 とうとう最終日となりました。朝食の前に、室長たちの代表が修学旅行のまとめとしての決意を伝えました。
 朝の身支度も集合も、非常に手際よくできるように慣れたところで、帰る日になりました。
 最後のプログラムは、リンゴ狩りです。採りたての実を食べながら、かごいっぱいいろんな種類のリンゴを楽しそうに詰め込んでいました。台風でコンテナ何杯分ものリンゴが落ちた話もうかがい、自然を相手にしている仕事の大変さを知りました。
 少しずつ岡山の方向に向かって移動しながら、みんなとの時間を楽しみます。
 ドライブインの空きスペースで急いで食べたお弁当が最後の食事でした。
 たくさんの出会いと発見をお土産に岡山に戻ってきました。

2018年10月12日

月で表示