ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

国際コース卒業生は今

霜山 菜都乃さん (2011年度卒業)
清心女子高等学校→お茶の水女子大学 理学部生物学科1年

Q1.国際コース卒業後,どういう方面に進みましたか。
A1.
 高校時代に海外で研究発表をする機会をいただき,また世界の舞台で認められる研究をし発表したいと強く思いました。大学では生物学を学び,1年生から研究室に所属して研究しています。

Q2.国際コースで学んだことが,その後どんな役に立ちましたか。
A2.
 国際コースの授業内で,自分の調べたことを発表する機会やスピーチをすることが多く,人前で話すことに抵抗がなくなりました。高校時代に海外で研究発表した時も,英語で審査員の方と議論を交わすことができたのは,小学生の時に興味を持つきっかけを作ってくださった国際コースのおかげだと思っています。

エイブル みちるさん (2008年度卒業)
岡山城東高等学校(国際教養学類)→慶応義塾大学(総合政策学部)→NHK入局予定

A1.
 英語圏だけにとどまらず,世界と日本との違いという大きなテーマのもと日々生活していました。高校では,英語をはじめフランス語やドイツ語の授業を受けました。韓国やフランスからの留学生のホームステイ先となり,国際交流を積極的に経験することができました。
 春から番組制作ディレクターとなるため,どんな番組を作るにしても,日本だけに視点を向けた番組にならないよう世界に目を向けていきたいと考えています。

A2.
 日頃から学校でたくさんの時間を英語のみで過ごすという環境は非常に恵まれていたと感じます。また,私は5年生の頃,1年間アメリカに留学しましたが,帰国後そこで培った英語力をキープできていたのも国際コースのおかげだと思っています。
 高校生の時には,岡山県の英語ディベート大会で優勝することができました。
 日本語を話せない,英語を話さざるを得ない状況を日本の学校で経験できたことは私自身の英語力はもちろん,その後の考え方にも様々な方面から影響を与えていると考えます。

プラダン シュレヤスさん (2010年度卒業)
岡山朝日高等学校→岡山大学環境理工学部・環境デザイン工学科

A1.
 国際コースを卒業した後は,中学時と高校時にそれぞれ英語弁論大会に出場して全国大会に進み,よい成績を収めることができました。その結果,夏季休暇にイギリスとアメリカで国際交流プログラムに参加し,異なる地域や文化の人々と日々触れ合いながら,世の中に対する視野を広げるための貴重な体験をいただきました。
 現在は海外の大学院でインフラ整備の研究をするのを目指して勉強をがんばっています。

岡阪 美心実さん (2010年度卒業)
清心女子高等学校→関西外国語大学外国語学部英米語学科

A1.
 進路を決めたのは,国際交流や他国の文化,歴史に興味を持っていたからです。

A2.
 ネイティブの先生からオールイングリッシュの授業を受けることに抵抗がありませんでした。国際コースで英語の基礎ができているので,中高大で英語の学力が大きく伸びました。

政木 英永さん (2012年度卒業)
京山中学校→岡山朝日高校→朝日高校2年夏から一年間AFS交換留学生として、アメリカに留学→慶應義塾大学環境情報学部

A1.
 京山中学校では、レベルとしては難しくはありませんでしたが、基礎基本をきっちりと身につけることができました。朝日高校では、授業のレベルもぐっと上がり、文法などの勉強を始め、英作文やリスニングも徹底してハイレベルなものを行なっています。素晴らしい教育を経て、また留学の経験を最大限に生かし、無事大学への進学が決まりました。

A2.
 留学先のアメリカでの生活は、言語の壁がなかったからこそできた経験が多くあり、本当に充実した一年となりました。コミュニケーションの上達だけでなく、新たな人との出会いに満ちた一年は、多くの人脈を世界に作り、自分の自信ともなりました。国際コースでのネイティブの先生方や、コース内の友達との日々の英語での会話がなければ、私の留学は言語の習得で一年を終わっていたと思います。ある程度の会話能力があったからこそ、留学がさらに素晴らしい経験となり、大学進学へとつなげることができました。実践的な英語力は、今の日本には非常に強く必要とされています。文法や単語などを習得する日本的教育だけでなく、貴学の国際コースでのような、読むこと、書くこと、聞くこと、話すことを毎日行なっていくことは、将来国際舞台で活躍できる人材の育成につながるでしょう。私は、この身をもって感じます。国際コースのおかげで、英語が好きになり、英語が得意になり、異国の文化や違いに興味を持ち、海外で活躍できる人になりたいという夢を持つようになりました。これからも、ぜひ、有能な人材を育成する国際コースであってください。

山岡 千夏さん (2010年度卒業)
岡山大学附属中学校→朝日高校→香川大学医部科

A1.
 結果として英語にはあまり関わらないことになりましたが,医師を目指しているためこの進路を選びました。学部を優先しため,あまり留学プログラム がない大学に進学することになりましたが,本当はも っと留学に積極的な大学に進みたい気持ちもありました。 一応世界的な医学生団体に参加 しています。今は忙しくてあまり活動できていませんが・・・。

A2.
 国際コースに所属して英語力がついていたので,受験の時にあまり英語の勉強に時間を 割かずに他に回すことができました。
 外国人との会話に抵抗がなかったので,バイト先に外国の方が来られた時には自分が対応する役になっていました。国際交流や海外の生活に興味を持つようになっていたと思います。

2018年11月1日

月で表示