ノートルダム清心女子大学 附属小学校

清心小学校の日々の記録 清心小学校の日々の記録

「キリスト教講座」第1回目を開催

 コロナの影響で保護者対象の行事はなかなか実施できていませんでしたが、キリスト教講座は10/20に第1回目の会を開くことができました。
 会を通して、本校の心の教育につながる学びをどのように積み上げていっているのかを保護者の皆様と共有したいと考えています。
 第1回目のテーマは「信頼」にしてみました。
 まず、親としての心構えにつながるように「親の祈り」を一緒に唱えました。
 その後、人間が「得る」ことよりも「失わない」ために行動しやすいものであることや信頼が揺らぎやすいこと、世の中に絶対と言えるものはないことをいっしょに考えました。
 その中で、神が私たちに望んでおられるのは「神に信頼し行動すること」であり、宗教の授業では、それをどのように伝えているかをお話ししました。神への絶対の信頼を貫いた聖人たちのようには、なかなかなれないものですが、少しでも近づいていけるように努力していきたいと思いました。
 話の進め方がちょっとぎくしゃくしてしまい、参加してくださった方に申し訳なかったのですが、次回はもう少しスムーズに進められるよう努力します。
 皆さんの中からは、心の状況に合った聖句の選び方や「奇跡」を子どもたちがどのようにとらえているかなどの質問をいただいたので、次回は「奇跡の意味」というテーマで、授業での反応をもとにお話ししたいと考えています。

2021年10月21日

月で表示